アメリカ生活情報

アメリカで1番騙されやすい詐欺事件。 Con Artistによる犯罪に騙されるな!

アメリカの詐欺事件簿1 Con Artist

Con Artistとは、日本語で詐欺師の意味です。

あなたは、自宅の電話や携帯に知らない番号からかかってきても、すぐに取る派ですか?

それともvoice messageを残していったら重要な電話と認識して後で掛け直す派ですか?

アメリカでは、およそ5人に1人の割合で何らかのfraud(詐欺)にあってお金を騙し取られています。

あなたはそんな詐欺師に騙されない自信はありますか?

 

詐欺の手口は色々ありますが、今回はアメリカで最も騙されたとレポートの多い手口について紹介したいと思います。

この手口は事前に知っておく事で必ず詐欺だと一発でわかるので、アメリカに住んでいる方は是非知っておいて欲しいです。

アメリカで一番多い詐欺事件

FTC(Federal Trade Commission)に寄せられた270万ものレポート調査によると、2017年にアメリカで騙し取られた総金額は、なんと$328million(日本円で約364億円)にも及びます。

その中でも特に驚いたのが、若い世代である20代の人達が一番騙されており、人数の割合で全体の約40%を占めていました

また、騙し取られた金額の多さでは70才以上が大半を占めていました。

<参考資料1>

FEDERAL TRADE COMMISSION

今回紹介したいのは、未だ最も騙されやすい詐欺電話の内容です。

 

IRS Imposer(詐欺師)

 

IRS(Internal Revenue Service)とは、アメリカ合衆国内国歳入庁の事で、tax returnのファイリングをした人なら誰でも知っていると思います。

IRSを名乗った人が電話をかけてきて、以下のような内容の話をしてきます。

 

偽IRS
偽IRS
「taxの未払金があるので直ちに払って下さい!もし直ちにwire transfer(振込)をしない場合は、違法となり逮捕されますよ!!」

 

または、

 

偽IRS
偽IRS
「tax refundがあるので送金前に個人情報を確認する必要があります。」

電話に出なかった場合は、留守電に上記のようなメッセージに加えてXXXの番号にかけて下さいと残していくようです。

[Warning!!]

IRSの人は絶対に電話なんてかけてきません!!!!

絶対にその番号にかけ直してはいけません!!!!

もし本当にIRSが連絡してくる場合は、USPS(郵便)のみです!!

参考資料2

Do not return a call from someone claiming to be with the IRS. The real IRS opens communications with a taxpayer only via the U.S. Postal Service.

AARP

 

この手口は最近始まったものではないですが、数年経った今でも未だ騙されている人達が多数なんです。

アメリカ人ですら騙されているのですから、あなたもその一人にならないよう気をつけて下さいね。

おしまい。

参考文献
FTC
AARP

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です