アメリカ情報

コロナのせいでアメリカのCostco(コストコ)では大行列!喧嘩する人まで続出。

Costco-2

アメリカの学校も昨日から2週間クローズになったため、アメリカ在住の人達の多くがパニック状態になって買い溜めをしようとコストコに大勢集まりました。店の外にまで大行列ができ、なかには喧嘩を始める客まで出てきてしまい最悪な状況。

こんなカオスな場所に小さな子供達を連れて行くわけにはいかないので我が家はかれこれ3週間以上コストコでの買い物を避けています。

とにかくトイレットペーパー、サニタイザー、水、クロロックスなど除菌できるものがここ2〜3週間ずっと品薄となっており、CostcoだけでなくTargetやWalmart、Ralphsなどスーパーや近所のドラッグストアでも売り切れ状態。

no water

みんな一体どれだけトイレットペーパー使うんだよってくらい買い溜めしている模様。

target

近くのRalphsではレジの人がたったの二人しか働いていなく、バイトの人達もコロナをもらいたくないからと欠勤する人続出。どこのお店もバカ売れ状態だから店員達は空っぽになった棚にトラックで配送されてきた品物を陳列させるので精一杯。

3/14(土)の朝の時点でスーパーからパスタ、パスタソース、米、トマト缶やビーンズの缶など棚に一つも残っていない状況に。

3/15(日)には遂に牛乳など乳製品が売り切れる事態に。。。

ralphs

仕事を休めば給料はもらえなくなり家賃を払えなくなる人が続出するのでこんな状況でも仕事は休めないという人達も多い。

そんな中、オフィスワークの人たちは在宅勤務が可能になった会社もあり、LAのトラフィックが今週くらいから良くなりいつもこんなに空いていたらいいのになと思ってしまうくらい。来週からはほとんどの学校が休みになるからもっとガラ空きになる事でしょう。

筆者も在宅勤務を許されましたが、今の仕事は100%家で完結できる仕事ではないのでLAの市事態がロックダウンされない限り会社にはちょくちょく行かなくてはいけない状況。問題は子供達の預け場所です。全ての小学校、デイケアが最低2週間お休みとなるので共働きの家庭は本当に大変です。