アメリカ情報

アメリカのスーパーのデリバリーサイト2選。コロナでロックダウン中は大活躍‼︎

america's groceries

アメリカのスーパーのデリバリーサイト

LAが3/19の夜にLockdownされて以来、次々と全米各地でLockdownとなりました。不必要な外出は避けるよう市民は言われているにも関わらず、週末にはビーチや公園に大勢人が集まってしまい、遂にはビーチも公園の遊具もテープが貼られて入れない状況になりました。

スーパーへの買い物は必要不可欠なので未だ多くの人が買い物に出かけますが、一番安全なのは家から出ない事。

シニアの人達を気遣って多くの店で早朝の1時間はシニアしかお店に入れないなどやってはいますが、家までデリバリーしてもらうのが一番安全🌟

という事で、この記事では筆者が利用しているデリバリーサイトを2つ紹介したいと思います。

1. AmazonのWhole Foodsデリバリー

Whole FoodsのデリバリーはAmazon Primeメンバーだと無料で利用できます。

Amazonのサイト上、以下の”Whole Foods”または”Fresh”からWhole Foodsのデリバリーを選択できますが、住んでいる地域によってはFreshからオーダーするとWhole Foodsだけでなくローカルのスーパーからもオーダーできるようです。

Amazon Fresh
筆者が住んでいる地域では、COVID-19の影響で中々デリバリーの空いている日がすぐに出てこないのですが、週1のペースでデリバリーができる感じで今週2回目のデリバリーをしました。

Amazon Fresh
Amazon Fresh

まだAmazon Primeメンバーでない方は30日間無料で利用できるのでLockdown中だけでも利用する価値は十分あります。食料だけでなく生活用品などほとんどの物をAmazonで調達できるのでお勧めです。

但し、どこのお店も普段のように何でも揃っているわけではないので、デリバリーをしてくれる日の数時間前にお店にある物の中から無かった商品に関しては代用品で良いか携帯にリンクを送ってきてくれます。代わりの商品でも良いか悪いか返事をし、指定したWindowの時間帯にデリバリーをしてくれます。

家に着いたらピンポンを押してすぐに去って行くので、顔を合わせる事もなくSocial distanceを保てて気が楽です。

場所にっよってはデリバリーのスロットが中々なかったりしますが、翌日の朝にチェックすると空いていたりと状況が変わるので、明日、明後日にどうしても必要な物を購入というよりは余裕を持ってオーダーするといったイメージでトライするのが良いかもしれません。

公式サイト: Amazon Prime 30日間無料トライアル

次にLA周辺でできるもう一つのデリバリーサイトを紹介します。

2. LA周辺のスーパーのデリバリー

LA周辺では、instacartというサイトで近所のスーパーの買い物をして届けてくれるサービスがあります。gmailのアカウントを持っている人はアカウントをざわざわ作らなくても自動でリンクできちゃいます。

instacart

上記のように、スーパーやドラッグストア、Costcoなど自分の家の周辺にあるお店がピックされます。買い物をしたいお店を選んだら、どんどんカートに入れていって、$35以上になったらデリバリーが可能となります。

お店によってはPick upも可能です。

Instacartのパーソナルショッパーが買い物をしてくれるのですが、在庫が無かった物に関してはAmazonと一緒で代用品で良いか携帯に連絡をくれるのでYesかNoか伝えます。

尚、デリバリーにかかる時間は最短で2時間くらいとありますが、現状ではかなり混雑しているので数日前にスケジュールをするというのが現状です。

公式サイト: instacart.com

4月いっぱいロックダウンなので、なるべく買い物もデリバリーで最低限に抑えてStay Homeしましょう!!