出産・子育て

アメリカでマタニティウェアを買えるお店・サイトをご紹介!

妊娠3ヶ月を過ぎた頃から、体型の変化により今まで履いていたジーンズやスカートなどがキツくなってくる妊婦さんが多いかと思います。

妊娠するまでは全く目にも入らないマタニティーウェアのお店ですが、筆者がニューヨーク在住時に大活躍したアメリカのマタニティウェアのお店・サイトをご紹介したいと思います。

職場でもプライベートでも着れるmaternity wearが勢揃いです。

アメリカで有名なマタニティウェアのお店・サイト

Destination Maternity

    アメリカで最も有名なマタニティウェアと言えば, Destination Maternityです。Destination Maternity Corporationは、マタニティウェアのリテールで世界最大のデザイナー及びリテーラー(小売業者)であり、アメリカとカナダで500店舗以上を運営しています。New Jerseyに本社を構えており、Destination Maternityでは以下の3つのブランドを取り扱っています。

    1. Motherhood Maternity
    2. A Pea in the Pod
    3. Destination Maternity

    Destination Maternity

    Website: http://www.destinationmaternity.com/

    上記のウェブサイトまたはお店でまとめて3つのブランドから購入が可能です。

    Macy’sでも取り扱っています。

    筆者が通っていたマンハッタンにあるDestination Maternityのお店は数年前にクローズしてしまいましたが、当時はマタニティヨガクラスなどもお店の中にあり、週末に何度か通いました。懐かしい〜。

    アメリカで手頃な値段で買えるマタニティウェア

    マタニティウェアは、妊娠期間中から産後の最初の数ヶ月間の間くらいしか着れないからあまりお金をかけたくないという妊婦さんは多いはず。

    筆者も出来れば最低限の買い物で済ませたく、とりあえず仕事用の服(ビジネスカジュアル)と週末に着れる服を探しにDestination Maternityのお店に足を運びました。

    先ほどご紹介した3つのブランドのうち、①Motherhood Maternityが一番手頃な値段設定となっています。

    日本人女性でも着れるPetiteサイズもあり、ジーンズ、レギンス、ドレス、パンツ、スカート、トップス、ブラ、水着など一通りあります。トップスなんかは、一着$20~30くらいとかなりお手頃な値段です。あの有名な女優Jessica Simpsonが手掛けたラインの服も取り扱っています。

    お店自体は、Macy’sの中に入っていることが多いですが、buybuyBABYにも入っているところがあるようです。

    下記のウェブサイトからでも購入はできますが、Destination Maternityの総合サイト(http://www.destinationmaternity.com)からだとまとめて全てのラインナップの買い物ができるので値段の比較もでき便利です。

    但し、ジーンズやレギンスなど初めて購入する際には、お店で試着するのが一番です。

    Motherhood Maternity

    Website: http://www.motherhood.com/

    お洒落なマタニティウェア(仕事用&プライベート)

    Motherhood Maternityより少し値段は上がりますが、仕事用(ビジネスカジュアル)として着れるズボンやスカート、マタニティウェアだなんて全くわからないファッショナブルなジーンズなどを多く取り揃えているのがA Pea in the Podです。

    筆者の職場では女性はビジネスカジュアルと決まっていたので、着回しのききやすい黒いスーツパンツと黒いスカートは必須でした。プライベート用には、スキニージーンズと黒いレギンス、トップスはあまり妊婦服とわからない感じのタイプのもの(お尻まで隠せる長めの服)を購入しました。

    A Pea in the Podはデザイナーの数が豊富で、ジーンズで有名な7 For All MankindからハイエンドなブランドBCBGやJ Brandまで取り揃えています。全くマタニティウェアっぽくない可愛いオシャレなものが多いので、要チェックです!

    アメリカの祝日にはセールをよくやっているので、ちょっと高いけど少しなら待てるっていうものであればセールのタイミングを見計らって買うのもいいかもしれませんね。

    因みに、筆者が第一子の妊娠初期にA Pea in the Podで購入した黒のレギンスは、6年経った今でも家で履いています(笑)。生地がいいんでしょうね。ダマとか未だ全く出てこないし、伸びがいいです。

    Destination Maternityで買える授乳グッズ

    Destination Maternityでは、授乳服の他にNursing Accessories(授乳グッズ)なども売られています。

    • Maternity Pillow(抱き枕)
    • Diaper Bag (ダイパーバッグ)
    • Stretch Mark Butter/Cream/Oil(妊娠線予防)
    • Lansinoh Lanolin(ランシノー ラノリン)の授乳パッド
    • Lansinoh Lanolin(ランシノー ラノリン)の乳頭保護クリーム(授乳ママ用)
    • タイツ、ストッキング
    • ベビーグッズ、ギフト

    などなど。

    Maternity PillowはAmazonの方が種類も豊富で色々な形の中から選べます。個人的には下記のようなタイプだとベッドのスペースを取るので、あまりスペースを取らない形(Jのような形)をAmazonで購入しました。産後も抱き枕として活躍しました。

    日本のおしゃれなマタニティウェア/授乳服の通販サイト

    1~4でアメリカの有名なマタニティウェアのサイト・お店を紹介しましたが、日本の通販サイトも負けていません。筆者が利用したのは、マタニティウェアだけではなく授乳服も豊富に取り揃えているMilk Teaという通販サイトです。

    Milk tea(ミルクティー)
    Website: https://junyu-fuku.com/

    Milk Teaはフォーマルなドレスが5,900円くらいから買えちゃうのに授乳口がうまく隠されていて、卒乳後も体型の大きな変化がなければそのまま着れちゃう優れものです。日本の会社だけあって、日本人好みのデザインです。アウターも豊富で、抱っこ紐をした状態で着れるコートなども売られているので、ニューヨークなど寒い地域では大活躍しそうです。

    また、可愛い授乳ブラやキャミソールのようなインナーが沢山あったので、筆者はまとめ買いをして日本にいる家族の住所に当時は送ってもらいました。ただ、今調べたら、楽天のグローバルサイトから直接アメリカに送ってもらうことができるようになったみたいです。

     


    もう一つ、日本でおしゃれな授乳服・マタニティウェア専門店の通販サイトを見つけたのでご参考までにリストしておきます。

    スウィートマミー

    Website: http://www.sweet-mommy.com/


    まとめ

    アメリカの最大マタニティウェアの専門店・Destination Maternity (“Motherhood Maternity”と “A Pea in the Pod”含む)に加え、日本のマタニティウェア・授乳服専門の通販サイト(“Milk Tea”と”Sweet Mommy”)をご紹介させて頂きました。

    最後に、アメリカで購入したマタニティウェア、ベビー服、子供服などをまとめて買い取ってくれる業者があります。
    綺麗な状態であれば一着毎に値段がつき(微々たるものですが)、売れないと判断された状態のものについては全て他社へ寄付される仕組みです。この記事に関しては、改めて別途書きたいと思います。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です