アメリカ旅行

フロリダのディズニーワールドが7/11/2020に営業再開。

フロリダのディズニーワールド営業再開。

昨日(7/11/2020)フロリダ州オーランドにあるディズニーワールドが116日ぶりに営業再開を果たしました。Magic Kingdom ParkとAnimal Kingdomが先にオープンし、EPCOTとDisney’s Hollywood Studiosは7/15/2020にオープン予定です。

Disney world

フロリダ州では現時点(7/12/2020)でコロナの感染者数が269,811人、死者が4,242人。7/4の独立記念日の週末の影響もあり一気に感染者が急増中。そんな最悪な状況の中ディズニーワールドは予定通り営業再開を果たしたわけですが、海外からの渡航者の規制があるにしろアメリカ各地から訪れるこのディズニーワールドは他州からくる旅行者との接触を避けられないので非常にリスクが高いテーマパークです。

ディズニーワールドのコロナ対策

ディズニーが営業再開に向けて取ったコロナ対策が以下の通り。

  • 入場するには事前予約(チケット)が必要
  • 入場者全員の体温をチェック
  • 全員マスク着用必須
  • 6フィート(約2メートル)の距離を保つ
  • キャッシュレス支払いオプション(携帯お財布、マジックバンドなど)
  • ハンドサニタイザーを用意
  • 乗り物やトレイなどの掃除

ディズニーワールドへの入場を事前予約のみにする事で入場制限をしています。お陰で昨日の時点ではいつも程混んでいなかったもよう。

従業員はもちろん入場者全員の体温をチェックし、全員マスク着用が義務付けられています。

temperature check up

乗り物に乗るまでの列にもちゃんと6フィート(2メートル)の線が地面に貼ってあり、ライドに乗っている時も6フィート離れて乗っている写真が公開されたが混雑してきてもこの6フィートを保つのかは正直謎です。

6 feet away

ただでさえ人気のアトラクションでは1つの乗り物に2~3時間待ちが当たり前なのに一回に数人しか乗れなかったら一体何時間待つ事となるのか。

Disney world ride

また、従業員と客との接触を軽減する為に、レストランやギフトショップなどでの買い物は現金ではなくクレジットカードで支払うか、お財布携帯でスキャンさせて支払うかマジックバンド(ディズニー経営のホテルに滞在する場合にのみ付いてくるオプション)で決済を済ませるなど対策されています。

とは言え、コロナの感染者数が急激に増加しているフロリダ州に行くだけで十分ハイリスクなのは明確。ディズニーワールドにどうしても行きたいという方は、十分な覚悟が必要だ。