US Tax Return

アメリカの「タックスリターン」 Health FSAの活用法。

tax picture

アメリカの個人のtax returnは12/31が年度の区切りであるというのは皆さんご存知のように、Health FSAの使用期間も12/31が締切となります(一部翌年に繰り越せる場合を除き)。

そもそもHealth FSAって何?

Health FSAの口座は開いてみたものの、病気になる事も怪我する事もなく結局全然使わなかった。今からどう使い切るの?

という方々の為に、米国公認会計士の筆者がわかりやすく解説します。

アメリカのタックスリターン「Health FSA(Flexible Spending Account)」とは?

tax return fsa

FSAとは?

FSAとはFlexible Spending Accountの略です。

学生さんにはあまり馴染みのないものかと思いますが、アメリカにある会社に勤め始めると、大抵企業側でFSAの口座を開くオプションを用意してくれます。

FSAには、メディカル費用に利用できるHealth FSAや子供のデイケアなどに利用できるDependent Care FSAなどがあります。

健康保険に加入する際に、1年間でどのくらいのメディカル費用がかかるか、どのくらい子供のデイケア代がかかるかを計算し、保険の加入期間に各費用を計算して給与から直接差し引かれてFSAの口座にデポジットされるという仕組みです。

この時、従業員の給与からtaxは控除されるので、約30%くらいのtaxを節約できるという事になります。

Health FSAに関しては、2018年は年間で一人$2,650までcontributeする事が可能です。共働きの場合は$2,650×2=$5,300まで。

Dependent Care FSAについてはコチラの記事をご参照下さい。

tax picture
アメリカタックスリターン"Dependent Care FSA"の活用法先日、アメリカの税金対策の一つとしてメディカル費用に使えるHealth FSA(Flexible Spending Account)につ...

 

それでは、Health FSAの使い方について解説していきます。

Health FSAはどんなアイテムに使えるのか

例を出すと切りがないですが、以下のようなアイテムがFSA対象アイテムとなり、節税効果を得られます

    <Health FSA対象アイテム>
  • 医療費
  • 薬(処方箋あり)
  • 歯医者の治療費
  • 眼科費用
  • コンタクトレンズ
  • 目薬
  • コンタクト液
  • co-pays
  • 鍼治療
  • カイロプラクテック
  • Physical therapy
  • First Aid (絆創膏など)
  • コンドーム
  • 日焼け止めクリーム

Babyアイテム

  • Lansinoh breastmilk storage bag(母乳保存バッグ)
  • Lansinoh Nursing Pads (母乳パッド)
  • ブレスパンプ
  • Prenatal vitamin
  • 妊娠検査薬
  • 体温計

一番驚いたのが、なんと日焼け止めクリームもFSAアイテムとして認められているという事です。

WalgreensやCVSなどのドラッグストアのwebsiteで「FSA」と検索すると、FSAアイテムとして認められている商品が出てきます。コチラはCVSのサイト上でFSAを検索した時に出てきたスクリーンショットです。


© 1999 – 2019 CVS.com

恐らく普段ドラッグストアで買い物している時はどのアイテムがFSAアイテムかなどいちいち確認はしていないと思いますが、このようなカテゴリーの物は全て節税効果を得られる物なので、まだFSAアカウントに残高が残っている方は消失する前に消費しちゃいましょう!

Health FSAの種類

まずは、Health FSAアカウントには3種類のタイプがありますので、あなたが入っているタイプがどちらのものなのか確認しましょう。

Rule① Use It or Lose It

“Use It or Lose It”は、12/31までに全て使いきらなければFSAに残っている残高は全てゼロになるというルールです。

せっかく毎回の給与から差し引かれてメディカル費用に使おうと思っていたのに使いきれずに無くなってしまったら凄い損ですよね。

私はまだ一人目の子が2才の頃、いったい一年間で家族でいくらくらいのメディカル費用(保険でカバーされないdeductible)がかかるのか予想がつかず、FSAに多めにお金を入れていました。

気付けば$300程使う事なく12月の最終週が来てしまいました。。。

このままではせっかくtax savingをしようとして貯めた$300が水の泡になってしまうので、最終手段としてWalgreensのサイトでFSAアイテム対象商品の中から普段使うものを探し出し、12/31の夜ギリギリにその$300を使いきることができました。

その時のレシートのコピーがコチラ↓

12/31の夜11:48PMギリギリにレシート受領。

私は普段コンタクトレンズを使用しているのでコンタクト液を大量に買いました。もし眼科の処方箋がまだ有効であればそれを利用してコンタクトレンズの購入もできたのですが、あいにく有効期限が切れており利用できませんでした。

残りは絆創膏などといったFirst Aidのもの、目薬、Lansinohの母乳パッドや母乳保存バッグなどなどを購入しました。

Rule② Grace Period 2.5ヶ月

会社によっては、FSAの消費期間を翌年の3/15まで延長してくれる場合もあります。

但し、3/15を過ぎたらFSAの口座に残っているお金は全て失われてしまいますので早目に使い切るのをオススメします。

Rule③ Carry over up to $500

会社によっては、FSAの残高$500までなら翌年にcarry overできるというルールがあります。このルールが適用されるかどうかはHRに確認して下さいね。

ですので、現在$700の残高があった場合は、$200分を12/31までに消費してしまえば残りの$500は来年中に使えば問題ないという事になります。

FSAの利用方法

Debit カードがある場合

会社によっては便利なFSA用のDebit Cardを用意してくれたりします。

ドクターズオフィスや歯医者、眼科、ドラッグストアなどで直接支払いができるのでレシートのコピーを提出する必要が無いのがメリットです。


© 2019 WageWorks, Inc.

普通のVISAカードと使い方は同じですが、ドラッグストアなどでFSAアイテムでない物も一緒に購入した場合は跳ねられてしまいますので、FSAアイテムとそうでない物は分けて支払いする必要があります。

Reimbursement (払い戻し)タイプ

会社によってはreimbursementタイプしかチョイスが無い場合があります。

例えば雇用主を通してCignaという保険会社に加入している場合、以下のようなReimbursement Request Formに記入してFSAアイテムを購入した時のレシートのコピーと一緒にオンライン上で提出をします。

そうすると、数日後にその分のお金が指定された口座に入金されます。

Reimbursementの提出期限も会社によって違いますので、12/31までなのか、3/15までなのか(2.5ヶ月のGrace Periodがある場合)HRに確認しましょう。

Reimbursement(払い戻し)方式の場合、FSAアイテムを購入した際のレシートのコピーを期限日までに提出しなくてはいけませんのでHRに期限日を確認しましょう。

最後に

この記事ではHealth FSA(Flexible Spending Account)の使い方について解説しました。

翌年までcarry over出来ない方は年末までにうまく消費しちゃいましょう。

また、雇用主でHealth FSAの口座を作るオプションがあるのに利用した事の無い方は、次回保険の更新の際に一年間でいくらメディカル費用に使うか計算してうまく節税しましょう。